中国先端テクノロジー配信メディア

Blockchain

DAGを開発するMixinエコシステムに連なるチャットアプリMixinMessenger

投稿日:2018年7月26日 更新日:

Pocket

目次
■サービスの簡単な説明
■定量説明
■創業者の紹介
■サービスの説明
■今後の展開

サービスの簡単な説明

Mixin Messengerは、仮想通貨のやり取りを行えるソーシャルチャットアプリケーションです。一般的には、ソーシャルチャットアプリケーションとは、日本で人気があるLINEのような、チャット方式でコミュニケーションが行えるツールを指します。

Mixinプロジェクトの創始者である冯晓东は、Mixin Messengerというアプリケーションを、”WhatsApp + 仮想通貨ウォレット”であると定義しています。

ユーザーは、スマートフォンアプリケーションのMixin Messengerを使用することによって、エンドツーエンド(End-to-End)で暗号化されたメッセージのやり取りを行うことが可能となります。

また、Mixin Messengerを使用することによって、ユーザーは、複数の仮想通貨やトークンを手軽にやり取りすることが可能となります。

彼ら曰く、Mixin Messengerは、Mixinネットワークに属するDappsの一つであるとしています。

Mixinプロジェクトでは、DAGと呼ばれるテクノロジーを使用したMixinネットワークを開発しており、今後、Mixinネットワークが発展し、そこで使用されるXINトークンが普及することによって、そのネットワークに連なるMixin Messengerにも、様々な相乗効果が起こると考えられます。

定量説明

  • 創業年
  • MixinプロジェクトとMixin Messengerはともに2017年から始動したとされています

  • 社員数
  • Mixinプロジェクト内の開発者は15人程度、Mixinネットワークに参加するDapp 開発者は200人程度

  • カテゴリー
  • メッセージアプリケーション、仮想通貨ウォレット(Mixinプロジェクトは仮想通貨プロジェクトの一つです)

  • ユーザー数
  • 登録アカウント数340万以上、1日のアクティブユーザー2万人以上

創業者の紹介

Mixin Messengerの創始者は、Mixinプロジェクト創始者でもある冯晓东という人物です。

冯晓东は、大学3年生であった2009年からスマートフォンアプリケーションの開発を始めており、現在の中国では、非常に優秀なエンジニアであるとともに、連続起業家の一人であるとされています。

彼は、当時開発したスマートフォンアプリケーションによって100万米ドル以上の収入を得たとされており、2011年にはYixia(一下科技)というスタートアップに技術面を担う共同創始者として参加しています。

Yixia(一下科技)という会社は、”秒拍(miaopai)”、”小咖秀(xiaokaxiu)”、”一直播(yizhibo)”等のモバイル端末向け動画・ショートムービーアプリケーションを開発する中国のユニコーン企業であり、冯晓东のその後の経歴は、動画等を中心としたソーシャルメディア領域への挑戦が行われていたことが確認できます。

しかし、冯晓东は、当時、ある一人の人物と知り合っており、その出会いは、その後の彼に、仮想通貨という可能性を提示したものと思われます。

当時、彼は、李笑来という、中国の仮想通貨コミュニティにおいて非常に有名なエンジェル投資家と出会っています。

李笑来は、これまでにも、冯晓东が立ち上げたスタートアップに投資を行ったり、BigONEという仮想通貨取引所の開発を冯晓东に依頼したりしていたとされています。

このBigONEという仮想通貨取引所は、冯晓东と李笑来の2名以外にも、罗永浩や老猫といった中国の仮想通貨コミュニティで非常に有名な人物たちが関わっているとされており、Mixinネットワークで使用されるXINトークンが上場している取引所でもあります。

しかし、最近のインタビューで冯晓东は、仮想通貨取引所という事業を、ビジネスとしては良いものだと捉えながらも、自身が思い描く理想のプロジェクトではないと語っています。

彼曰く、ソーシャルアプリケーションを開発することこそ、自身が思い描く理想のプロジェクトであるそうです。

優秀なエンジニアとされる冯晓东は、Mixin MessengerというDappの開発を通して、自身が思い描く理想のプロジェクトに挑戦しようとしているのではないでしょうか。

ソーシャルアプリケーションと仮想通貨の融合によって、Mixin Messengerは、冯晓东の能力が遺憾なく発揮されるプロジェクトとなるかもしれません。

サービスの説明

創始者であるエンジニアの冯晓东は、自身が開発するプロダクトに非常に敏感な嗅覚を持った人物であるとされており、あるインタビューでは、Mixin Messengerの競合となるプロダクトの欠点を挙げ、Mixin Messengerがそれを克服する挑戦を行っていることを示しています。

中国では、日本のLINEに相当するソーシャルチャットアプリケーションとして、テンセントが開発するWechat(微信)が存在しています。

Wechatは、友人間でチャットを行う機能の他にも、Wechatpay(微信支付)と呼ばれる決済機能や、WeChat Mini Apps(微信小程序)と呼ばれるWeChatアプリ上に新たなアプリケーションを構築できる機能を備えています。

WeChat Mini Appsは、Wechatというソーシャルチャットアプリケーションを起点にして、様々な開発者が機能を追加することが出来るようになっていますが、これまでその機能は、ユーザー視点から言えば未だ発展途上とも言えるものとなっていました。

たとえば、WeChat Mini Appsの機能を使用していると、Wechat上の他の機能が使えなくなってしまうことは、一つの欠点だと考えられます。

冯晓东は、Mixin Messengerが備える同等の機能では、Mini Appsを使用していても、Mixin Messengerの他の機能が使えなくなることはないとしており、現在中国で圧倒的シェアを持つWeChatとMixin Messengerの設計思想の違いを強調しています。

Mixin Messengerが備える仮想通貨ウォレット機能は、現在、ビットコインやイーサリアム、XINトークン以外にも、複数種類の仮想通貨の保管・取引を可能としています。

ユーザーは、Mixin Messengerを使用することによって、友人とチャットをしながら、手軽に仮想通貨の送付と受け取りが可能となります。

冯晓东は、その他のソーシャルチャットアプリケーションを以下のように批判しています。 「どのようなプロダクトが良いのかというロジックが無ければ、ユーザーからのめちゃくちゃな要求を実装し、無駄な機能を推し出すことになる。

プロダクトに核心となるものがなければ、それは間違いを防げない。」 彼ら曰く、Mixin Messengerでは、ウォレット機能とチャット機能がプロダクトの核心だとしています。

どのようにデザインすれば、ユーザーがアプリケーションを安心して手軽に使用できるのか、それこそがMixin Messengerのプロダクトロジックであると彼らは定義しており、彼らのプロジェクトでは、そのための開発が今後も続けられると考えられます。

今後の展開

Mixinとは、DAGと呼ばれるテクノロジーを使用した仮想通貨プロジェクトです。

そして、そのネットワークに連なるDappsの一つが、Mixin Messengerというソーシャルチャットアプリケーションになります。

創始者の冯晓东のインタビューを見ると、Mixin Messengerは、そのプロダクト自体でも、WeChat等の先行するプロダクトに挑戦しようとしていることが分かります。

しかしながら、どれほど優れたプロダクトロジックをMixin Messengerが持っていたとしても、その他の先行するプロダクトにMixin Messengerが追いつくことは非常に困難な挑戦となると思います。

おそらく、今後のMixin Messengerの躍進のためには、仮想通貨プロジェクトとしてのMixinそのものの躍進が必要不可欠なのではないでしょうか。

Mixinは、DAGによってネットワークを構築するとしています。 DAGというテクノロジーは、次世代のブロックチェーンとも称される素晴らしいテクノロジーとされていますが、同時に、その実現には、様々なハードルが存在するものと考えられます。

Mixin Messengerと、Mixinの発展、そして彼らが行うDAGの開発に、今後も注目してみたいと思います。

参照 
・https://www.jianshu.com/p/fa085b8bc9d1
・https://blog.csdn.net/myjoit/article/details/79064561
・https://steemit.com/mixin/@daqiang/xin-3-0
・https://www.jianshu.com/p/9fb578da311f
・http://www.8btc.com/mixin-0608
・http://www.sohu.com/a/79340459_355020
・http://www.imspender.com/articles/fang-tan-mixin-network-wei-lai
・https://36kr.com/p/5129401.html
・https://tieba.baidu.com/p/5504407054?red_tag=1923586796
・https://tieba.baidu.com/p/5458527096?red_tag=1913490170
・https://www.jianshu.com/p/1953ade1715b?appinstall=0
・https://www.pmcaff.com/article/index/1094331024197760?pmc_param=1
・https://www.jinse.com/news/blockchain/112544.html
・https://mixin.one
・http://baijiahao.baidu.com/s?id=1603869149688539957&wfr=spider&for=pc
・http://www.qukuaiwang.com.cn/news/4680.html
・https://steemit.com/cn/@yanqingmu/mixin

■中国ユニコーン企業100社以上総まとめ一覧

■【Chaitech(チャイテック)編集長の想い】チャイナ(China)とテック(Tech)に愛(ai)を込めて

■ご支援パートナー様募集と今後のChaikuruの方向性
Pocket

-Blockchain

執筆者:

関連記事

マイクロソフトとも提携するIoT×ブロックチェーンプロジェクトRuff

Ruffは、上海南潮信息科技有限公司によって開発されているIoT・ブロックチェーン・仮想通貨プロジェクトです。 この記事では、便宜上、彼らのプロジェクト名をRuff、開発されているブロックチェーン名を …

非中央集権思想を強く打ち出すウォレットサービスimToken

目次 ■サービスの簡単な説明 ■定量説明 ■創業者の紹介 ■サービスの説明 ■今後の展開 サービスの簡単な説明 imTokenは、仮想通貨のウォレット機能や‎分散型取引所(DEX)機能、Dappsブラ …

tron trx

TRON(TRX)は次世代のアリババになりえるか。創業者ジャスティン(孙宇晨)は元リップル中華地区首席代表

創業迄の背景 アルゴリズム 今後の計画 時価総額 創業者Justin Sun(孙宇晨)とは? 創業迄の背景 まずは暗号通貨TRON(TRX)のホワイトペーパーから、その開発迄の背景を見てみます。 ホワ …

柔軟性のあるDappsプラットフォームを開発するMultiVAC

MultiVACは、吕恒という人物が中心となって開発されている仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトです。 彼らは、高いスケーラビリティを実現したDappsプラットフォームを開発するために、シャーディ …

FacebookやGoogleの出身者たちがDappsプラットフォームを開発するQuarkChain

QuarkChainは、GoogleやFacebookといった企業で分散型システムに携わっていたとされる周期(Qi Zhou)という人物が中心となって立ち上げられた仮想通貨・ブロックチェーンプロジェク …

Chaitech

中国Tech企業情報プラットフォーム