中国先端テクノロジー配信メディア

Blockchain

イーサリアムのビタリクも参加する投資ファンドFENBUSHI VC

投稿日:2018年9月15日 更新日:

Pocket

目次
■サービスの簡単な説明
■定量説明
■創業者の紹介
■サービスの説明
■今後の展開

サービスの簡単な説明

FENBUSHI VENTURE CAPITAL(分布式资本、以下、FENBUSHI VC)は、仮想通貨・ブロックチェーン領域へ重点的に投資を行う中国のベンチャーキャピタルです。

彼らは、これまでにFACTOM、EVERLEDGER、ZCASH、ABRA、CIRCLE、TIERION、GEM、OTONOMOS、SYMBIONT、VECHAIN、GXChain、CoinMex、Ventureum、ATP、Xcener、Nebulas、众签网(众链)、矩阵元、biTSE、网录科技(WanChain)、布比、CYBEX、Delphy、Primas、Genaro、SCRY.INFO等のプロジェクトへ投資を行ってきたとされています。

また、彼らの前身プロジェクトであると予想されるWanXiang Blockchain Labs(万向区块链实验室)は、その母体である万向集团(Wanxiang Group)からイーサリアムプロジェクトに投資を行っており、そういった関係性は、彼らのプロジェクトチーム顧問にイーサリアムの創業者であるVitalik Buterinが名を連ねている一つの理由であると考えられます。

定量説明

  • 創業年: 2015年
  • 運営チーム人数: 不明
  • カテゴリー:仮想通貨・ブロックチェーン投資ファンド

創業者の紹介

FENBUSHI VCが運用する資金は、そのほとんどが万向集团(Wanxiang Group)から出資されたものであると予想されているため、彼らの創業者となる人物を特定の一人に定めることは難しくなっています。

一方で、冒頭で述べた前身プロジェクトであると予想されるWanXiang Blockchain Labs(万向区块链实验室)では、肖风と沈波、そしてイーサリアムの創業者であるVitalik Buterinが活動しており、FENBUSHI VCの創業者もこの3人であるとする中国の仮想通貨メディアは多く存在しています。

現在の彼らのWEBサイト上では、Vitalik Buterinを顧問とし、肖风と沈波をパートナーと表記しているため、ここでは、肖风と沈波の2人を中心にご紹介したいと思います。

肖风は、経済学博士であるとともに、現在でも中国の万向集团(Wanxiang Group)の持株会社である中国万向控股有限公司の副董事長として活動している人物です。

また、現在の彼は、FENBUSHI VCでの活動とその他の様々な金融証券業界のプロジェクトを兼任しており、同時に多くの肩書を持つ経済人とされています。

1961年生まれの彼は、これまでにも、中国人民銀行深セン経済特区支店の副支店長、深セン証券管理事務所の所長等を歴任しています。

さらに彼は、1998年から2011年まで、当時の中国で初めて認可された資産管理会社5社のうちの1社である博时基金管理有限公司で副董事長を務めるなど、中国の金融証券業界での確かな経歴を持っています。

肖风はこれまでのインタビューで、60歳になれば一線を退くと語っており、おそらく現在57歳と予想される彼が、今後どのようにFENBUSHI VCと関わっていくのか注目されます。

現在の中国のインターネット上で確認できるFENBUSHI VCに関連する情報では、肖风の動向は、経済の大局的な観点から作成される報告書等で確認でき、彼のFENBUSHI VCでの役割は、経済学博士としての知識や経済人としての実績を背景としたチームの舵取りにあると考えられます。

一方で、仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトへの投資に関する個別のインタビュー等には、沈波が対応することが非常に多いため、彼らの仮想通貨・ブロックチェーンへの実際的な投資活動をマネジメントしているのは、沈波であると予想されます。

沈波という人物は、これまでにも、BitSharesの開発チームであったInvictus Innovations Incorporatedの創始者の一人として仮想通貨・ブロックチェーンに関わっていた人物です。

彼もまた、肖风と同じく、これまでに金融証券業界で長く活動しており、アメリカのジョージア工科大学を1992年に卒業したあとは、ヘッジファンドや投資銀行等でその辣腕を奮ってきた人物とされています。

2014年~2015年当時の沈波は、上海においてBitSharesを基底としたクラウドファンディングプラットフォームのDACxプロジェクトを展開しており、そのときにイーサリアム創始者であるVitalik Buterinとも知り合ったとされています。

2015年、Vitalik Buterinと肖风、沈波の三人は、冒頭で述べたWanXiang Blockchain Labs(万向区块链实验室)に参加しており、この活動はそのまま、現在のFENBUSHI VCの活動につながったものと考えられます。

サービスの説明

FENBUSHI VCは、仮想通貨・ブロックチェーン領域に特化した世界のベンチャーキャピタルの中でも、5本の指に入る投資ファンドであると評価されています。

また、その活動は、中国の仮想通貨・ブロックチェーン領域に特化した世界のベンチャーキャピタルの中で最大の運用金額を誇るとされています。

彼らは、2015年10月に中国の万向集团(Wanxiang Group)の持株会社である中国万向控股有限公司から5000万米ドル以上の出資を受けており、現在までその運用資産は全て万向集团の資本が出資されていると予想されています。

万向集团は、自動車部品の製造業を中心に、多肢に渡る複合企業を治める中国のコングロマリットであり、彼らは、上海万向区块链股份公司というブロックチェーン技術に特化した子会社も傘下に持つなど、中国のブロックチェーン技術を巡るテクノロジー界隈では大きな影響力を持った存在となっています。

FENBUSHI VCは、その使命として、ブロックチェーン技術を使用したスタートアップ企業に対して、時間・能力・資本という視点から様々なサポートを行い、ブロックチェーンの経済と金融を発展させることを掲げています。

また、彼らのプロジェクトチームには、金融証券業界で豊富なバックグラウンドを有する人物が多く参加しており、既存の金融領域とブロックチェーン技術を融合することによって、新たな価値を作り出すことを掲げています。

今後の展開

万向集团(Wanxiang Group)は、当時、いまだ一部でしか注目されていなかったイーサリアムに対して非常に有望なプロジェクトであるという判断のもと、2015年までに50万米ドルを投資し416,000ETHを取得しています。

彼らのそのような長期的な視点は、FENBUSHI VCの投資活動にも現れているものと考えられます。 FENBUSHI VCパートナーの沈波は、現在、ブロックチェーン業界を発展させることは、短期的な投資によって儲けを出すことよりも重要であるという認識を示しており、彼らの投資活動には、そのような姿勢が現れていると予想されます。

もしかすれば、2017年末から2018年初頭の仮想通貨マーケットの盛り上がりは、一種のバブルであったのではないでしょうか。

沈波は、ブロックチェーン業界で実際的な取り組みを続けることの重要性を強調しており、バブルによるマーケットの盛り上がりは、悪貨が良貨を駆逐するといった現象を招くだけであると指摘しています。

また、FENBUSHI VCパートナーの肖风は、現在の仮想通貨に対する投資家は一般投資家を中心としており、専門的な投資機構が未だ不足していることを指摘しています。

彼は、10年後の仮想通貨を巡る投資環境は新しい局面に入ることを言及しており、その時、機関投資家等の投資の専門家達は、運用ポートフォリオに仮想通貨を組み入れるトレンドから逃れられなくなると予想しています。

沈波と肖风という二人のFENBUSHI VCパートナーによって、これからも彼らは長期的な視野の投資を行っていくものと予想されます。

参照 
・https://www.qichacha.com/firm_5b023ab14809faa07c117009adfedeb5.html
・http://fenbushi.vc/index_cn.html
・https://zdb.pedaily.cn/company/show17826/
・https://www.itjuzi.com/investfirm/1736
・https://zhuanlan.zhihu.com/p/31359541
・https://zhuanlan.zhihu.com/p/31216243
・http://www.cyzone.cn/capital/204153.html
・https://www.lieyunwang.com/archives/441359
・https://www.8btc.com/article/144027
・https://www.jianshu.com/p/aebdda1a81a4
・https://www.jianshu.com/p/9df549e0c18d
・https://baike.baidu.com/item/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E4%B8%87%E5%90%91%E6%8E%A7%E8%82%A1%E6%9C%89%E9%99%90%E5%85%AC%E5%8F%B8
・https://baike.baidu.com/item/%E8%82%96%E9%A3%8E/17243930
・https://zh.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%87%E5%90%91%E9%9B%86%E5%9B%A2
・https://www.iyiou.com/p/52042
・http://www.528btc.com/person/2752.html
・https://baijiahao.baidu.com/s?id=1591518502998723129&wfr=spider&for=pc
・http://www.qukuaiwang.com.cn/ico/166.html
・https://www.8btc.com/article/68705
・https://www.8btc.com/article/68404
・https://www.scf56.com/newsDetail?id=996d5174-48d0-4de5-b33b-33070cda18a4
・https://www.jutuilian.com/article-29151-1.html
・http://www.qukuaiwang.com.cn/news/9524.html
・http://www.blockchainlabs.org/about.html
・http://www.wxblockchain.com/about.html
・https://cn.linkedin.com/in/boshen1011
・https://www.wdzj.com/hjzs/ptsj/20171127/206180-1.html

■中国ユニコーン企業100社以上総まとめ一覧

■【Chaitech(チャイテック)編集長の想い】チャイナ(China)とテック(Tech)に愛(ai)を込めて

■ご支援パートナー様募集と今後のChaikuruの方向性
Pocket

-Blockchain

執筆者:

関連記事

ウォレットのレースに参入する、Huobi(フォビ)ウォレットの自信と野心はどこにある?(後編)

ウォレットは一つのツール系プロダクトであり、 競合プロダクトとクオリティが同質化してくるという問題が存在する。 Huobi(フォビ)ウォレットも同じジレンマに直面しているように見える。   …

中国 AI 人工知能 ブロックチェーン

世界規模ヘッジファンドであるクォンタム・ファンドの首席研究員:姜罗罗博士『デジタルマネーは若者にとっての希望となる』

【要約】 ・クオンタムファンド研究員、温州大学副教授の姜罗罗がデジタルマネーについて書いた記事 ・デジタルマネーの出現もまた貧富の差を広げるだろうが、それはまた若者に経済的自由を手に入れるチャンスを与 …

香港金融管理当局とも提携するOneConectを通してブロックチェーンに取り組む平安保険

中国では、IT領域で活躍するBAT(バイドゥ、アリババ、テンセント)とよばれるテクノロジー三大企業が存在しています。 これらの企業は、豊富な技術力と資本力を背景に、これまでもブロックチェーン技術の開発 …

huobipro

huobipro取引所とは

huobiは中国に位置する仮想通貨取引所です。 古くから存在する仮想通貨取引所の一つであり、最近は独自トークンの発行も始めています。 今回はそのhuobiproについて、そしてhuobiproのアカウ …

ブロックチェーン技術によって保険業界に革命を起こすShinechain

目次 ■サービスの簡単な説明 ■定量説明 ■創業者の紹介 ■サービスの説明 ■今後の展開 サービスの簡単な説明 ShineChainAPP(闪链互助)は、闪链(北京)信息科技有限公司とShineCha …

Chaitech

中国Tech企業情報プラットフォーム