中国先端テクノロジー配信メディア

Blockchain

Binance(バイナンス)に1千万ドルのエンジェル融資

投稿日:2017年9月1日 更新日:

Pocket

Binance バイナンス

テンセントテックニュース(張帆記者)9月1日、ブロックチェーン会社Binance(バイナンス)は泛城資本(ファンシティ・キャピタル)と黒洞資本(ブラックホール・キャピタル)から1千万ドルのエンジェル融資を受けた。Binance社はグローバルブロックチェーン事業に取り組んでいる会社で。ブロックチェーン業界の有名企業Blockchain社元 CTOの趙長鵬氏と一下科技(YIXIA)副総裁の何一氏が共同で設立された会社で。公開わずか50日間で、利用者は既に世界180以上の国々をカバーした。今回はBinanceが初めて融資関連情報を公表することとなる、投資金額は公開されていないという。

泛城資本は「快的配車」創始者の陳偉星氏より設立された会社である。ブロックチェーン業界について、陳偉星氏は「ブロックチェーン技術は、将来資金調達コストを大幅に削減でき、利益を実業に還元して、労働者のモチベーションを高める」との見解を示した。ブロックチェーンは今、最適な成長機運に恵まれている、このチャンスを掴んだ企業は、千億人民元規模の企業になれるチャンスをいち早く手に入れることができる。

もう1社の投資会社の黒洞資本社創始者の張量氏は、不動車大手「富力」創業者の息子で、近年、不動産・人工知能、消費アップグレード、エンターテイメントなど複数の分野に投資した経験がある。

翻訳元:http://tech.qq.com/a/20170901/132352.htm 2017-09-01

 

Pocket

-Blockchain

執筆者:

関連記事

no image

【完全版】binance(バイナンス) 徹底開設

  binance(バイナンス)は国内取引所にない魅力が豊富! binanceにはcoincheckやzaifなどの国内取引所にはない魅力をたくさん持っています。 そのため、海外の取引所であるにもかか …

Binance バイナンス

デジタル資産取引プラットフォーム「Binance(バイナンス)」が1千万ドルのエンジェルラウンド融資を受けた

今日、ブロックチェーン会社のBinance(バイナンス)が泛城資本(ファンシティ・キャピタル)と黒洞資本(ブラックホール・キャピタル)から1千万ドルのエンジェル融資を受けたことが確認された。泛城資本は …

DAGを開発するMixinエコシステムに連なるチャットアプリMixinMessenger

目次 ■サービスの簡単な説明 ■定量説明 ■創業者の紹介 ■サービスの説明 ■今後の展開 サービスの簡単な説明 Mixin Messengerは、仮想通貨のやり取りを行えるソーシャルチャットアプリケー …

2018年上半期までの中国系仮想通貨取引所動向

現在、日本の一般的な仮想通貨ユーザーは、金融庁に認可された仮想通貨取引所を利用し、日本円(法定通貨)を基軸とした仮想通貨の売買を行っていることと思います。 しかし、中国では、2017年に行われた規制か …

PoWの非中央集権を支える中国のマイニング動向

PoW をコンセンサスアルゴリズムとしているビットコイン(BTC)等の仮想通貨では、マイニング(採掘)と呼ばれる、コンピューターの計算能力を使用したブロックチェーンの記帳とコインの獲得が行われています …

Chaitech

中国Tech企業情報プラットフォーム