中国先端テクノロジー配信メディア

Blockchain

マイクロソフトとも提携するIoT×ブロックチェーンプロジェクトRuff

投稿日:2018年9月21日 更新日:

Pocket

Ruffは、上海南潮信息科技有限公司によって開発されているIoT・ブロックチェーン・仮想通貨プロジェクトです。

この記事では、便宜上、彼らのプロジェクト名をRuff、開発されているブロックチェーン名をRuffChain、開発されているOS名をRuffOSと記します。

彼らのプロジェクトチームは、2014年頃からIoT分野での挑戦を続けており、RuffChainは、IoTの情報を繋ぐネットワークとして機能するよう期待されています。

彼らは、RuffChainブロックチェーンと、RuffOSというIoTに特化したOSシステムを使用することによって、IoTを使用したエコシステムの構築を掲げています。

目次
■プロジェクトの背景
■アルゴリズム、時価総額等
■創業者やプロジェクトチームについて
■今後の展開

プロジェクトの背景

IoTとブロックチェーンの親和性は、ブロックチェーン技術が誕生した当時から現在まで、様々な場所で議論されています。

異なるテクノロジーの融合によって新たな価値を生み出すというRuffが行う挑戦は、IoTとブロックチェーンという発展途上にある2つの技術を、確かにバージョンアップさせるものと考えられます。

IoTとは、”Internet of Things”の頭文字を取った単語です。 IoTは、人々の生活の中にある全てのモノ(Things)がインターネットとリンクすることによって、相互にデータを交換したり、影響し合うことを可能とするテクノロジーとされています。

デジタル社会の発展のためには、IoTというテクノロジーは欠かすことの出来ないものであると考えられることが多く、現在も様々な企業やプロジェクトが、その実際的な開発と応用を続けています。

しかしながら、生活の中にある全てのモノをインターネットに繋ぎ、そのデータをネットワーク上でやりとりするためには、未だ解決しなければならない課題も多く存在しています。

たとえば、中央集権的なネットワークでは、膨大なサイズとなるであろうIoTのデータを管理するためのコストが、非常に大きな問題となります。

また、さまざまなデータをIoTテクノロジーを通して扱いたいと考えた場合、分散化されていないデータベースでは、その運用が非常に難しくなります。

非中央集権性を持つ分散型台帳技術としてのブロックチェーンを使用することは、それらIoTの課題を解決できるアプローチだとされており、Ruffが行う挑戦は、そのままIoTとブロックチェーンを融合させる挑戦であると考えられます。

アルゴリズム、時価総額等

Ruffプロジェクトで開発されているRuffChainでは、RUFFというトークンが使用されており、その時価総額は2018年9月現在18億円ほどとされています。

また、RuffChainで使用されるコンセンサスアルゴリズムは、DPOS(Delegated Proof of Stake)が採用されています。

彼らのDPOSアルゴリズムでは、9秒毎に一人のブロック生成者によって一つのブロックを生成していくとされています。

投票によって選ばれた105のノードは、代表ノードと呼ばれ、RuffChainのDPOSアルゴリズムでブロック生成者の資格を有します。

Ruffプロジェクト創始者である厉晹(Roy Li)は、あるフォーラムの壇上で、ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムについて言及する際、既存のコンセンサスアルゴリズムの中ではDPOSアルゴリズムが最もIoTに適していると語っており、RuffChainというブロックチェーンの設計思想は、IoTで使用されることを前提としたものとなっているとされています。

彼らのプロジェクトでは、まずRuffOSというIoTに特化したOSシステムによって、実際的なIoTデータを集めます。

そして、それらのデータは、RuffChainブロックチェーンというネットワークで保管・流通されることによって、新たな価値を生み出します。

彼らは、これまでのIoTの課題であったデータの規格の統一をRuffOSによって解決し、同時に、RuffChainはそのデータを、RUFFトークンを使用したエコシステムによって非中央集権的に取引可能とするとしています。

創業者やプロジェクトチームについて

上述の通り、Ruffプロジェクトの創始者は厉晹(Roy Li)という人物です。 上海復旦(复旦)大学でソフトウェアエンジニアリングの修士を獲得した彼は、これまで、中国国内外でエンジニアとして活躍していた人物とされています。

たとえば、彼はこれまで、ノキアで携帯電話向けインターネットサービスOviの技術総監を勤め、VerisignやTrend Micro等ではセキュリティ顧問を勤めるなどの経歴を有しています。

また、RuffChainに先駆けてRuffプロジェクトが開発していたRuffOSというIoTに特化したOSシステムも、そのプロジェクト発足初期には、ほとんどのコードを彼一人が開発していたとされており、このようなエピソードからは、厉晹という人物がエンジニアとして確かな技術力を有していることが推測できます。

彼は、IoTに使用するブロックチェーンの機能について、当面はTPSの高さを競う必要はないと語っており、そのような言葉は、RuffChainとRuffOSの設計及び開発姿勢に現れているものと考えられます。

携帯電話のマーケットシェアを70%近くも独占していた当時のノキアが、SymbianOSで最終的に成功を収められなかった背景について、彼は以下のように指摘しています。

彼曰く、SymbianOSは、サードパーティとなるアプリケーション開発者の存在を考慮していない設計思想だったそうです。

一方、iOSやAndroidは、サードパーティとなるアプリケーション開発者が開発を行いやすいプラットフォームを構築することに成功したのではないでしょうか。

厉晹は、自身がプロジェクトを進めるRuffChainやRuffOSについても、高い性能(スケーラビリティ)を求めることよりも、サードパーティとなる開発者が如何に使いやすいプラットフォームとなるか、ということを優先課題としているようです。

IoTによって広域のデータを扱うためには、様々なシステム及び環境からデータを抜き出し、それをネットワークに繋ぐ必要があるため、RuffというIoTプラットフォームが成功するためにも、様々な開発者が使いやすい環境を提供するという厉晹の姿勢は、非常に大きな意味を持つプロダクトの設計思想だと考えられます。

今後の展開

Ruffプロジェクトは、IoT分野での挑戦を2014年頃から進めており、2016年に開発に成功したRuffOSは、既にパートナー企業や投資家からの注目を集めていました。

たとえば、彼らは、これまでに、マイクロソフトやゼネラル・エレクトリック、バイドゥ等とパートナーシップを結びIoT技術の開発を行っており、また、2017年には、2100万中国元となる資金調達を成功させています。

さらに、彼らのプロジェクトチームは、2016 マイクロソフトイノベーションフォーラムや2016 Tech Crunch Beijing、2016 GiTC、2017 GE Predix Hackathon等で、様々な賞を受賞しており、その技術力は確かに評価されています。

プロジェクト創始者である厉晹は、2018年にRuffOSとRuffChainを使用した実際的な応用シーンを幾つか提示できるとしており、その進展が期待されています。

また、彼は、2018年に蓄積したデータを基に、2019年から2020年にかけて、大規模なIoTプロジェクトを展開するとしています。

参照 
・https://ruffchain.com/#sec-team
・https://github.com/RuffNotes/RuffChain/blob/master/WhitePaper.md
・https://coinmarketcap.com/ja/currencies/ruff/
・http://www.vccoo.com/v/731s5g
・http://chart.btckan.com/news/topic/113537
・https://baijiahao.baidu.com/s?id=1595332351463765411&wfr=spider&for=pc
・https://support.otcbtc.com/hc/zh-cn/articles/360000338551-%E4%BB%80%E4%B9%88%E6%98%AFRUFF-
・http://www.120btc.com/baike/coin/1497.html
・http://blc-summit.com/speaker/354
・https://www.jinse.com/blockchain/187024.html
・https://baijiahao.baidu.com/s?id=1596236788895812652&wfr=spider&for=pc
・http://www.dayqkl.com/news/27353.html
・https://finance.china.com/qqzx/13001247/20180328/32243424.html
・https://baijiahao.baidu.com/s?id=1605518144359043314&wfr=spider&for=pc
・https://baijiahao.baidu.com/s?id=1610655529199752118&wfr=spider&for=pc
・https://baijiahao.baidu.com/s?id=1593479792491000584&wfr=spider&for=pc
・https://www.sohu.com/a/224643388_115060
・http://www.iterduo.com/zixun/45827.html
・http://www.fromgeek.com/blockchain/151164.html
・http://www.fromgeek.com/blockchain/144007.html
・https://blog.csdn.net/sinat_34070003/article/details/79132522
・https://www.sohu.com/a/216766007_610454
・https://cloud.tencent.com/developer/article/1083859
・http://www.eeboard.com/news/ruff-2/
・https://www.qichacha.com/product_f829d398-1d6e-4c91-8d27-eb7b861d62a7.html
・https://www.qichacha.com/firm_70314af60ccd90497faf46363070a7fd.html
・https://www.sohu.com/a/216766007_610454

■中国ユニコーン企業100社以上総まとめ一覧

■【Chaitech(チャイテック)編集長の想い】チャイナ(China)とテック(Tech)に愛(ai)を込めて

■ご支援パートナー様募集と今後のChaikuruの方向性
Pocket

-Blockchain

執筆者:

関連記事

進むBATのブロックチェーン活用と市場を狙う中国スタートアップ状況。

目次 ■前のめりに進むBAT(百度,アリババ,テンセント)のブロックチェーン活用 ■この市場はスターアップにチャンスはあるのか ■中国スタートアップのブロックチェーン事例 ■スマートコントラクトをどう …

huobi

Huobi(フォビ)プールとは

■Huobi(フォビ)プールについての概要 ■Huobi(フォビ)プールの沿革 ■Huobi(フォビ)プールの詳細説明 ■Huobi(フォビ)プールの優位性 ■Huobi(フォビ)プールの特徴 ■Hu …

tron trx

TRON(TRX)は次世代のアリババになりえるか。創業者ジャスティン(孙宇晨)は元リップル中華地区首席代表

創業迄の背景 アルゴリズム 今後の計画 時価総額 創業者Justin Sun(孙宇晨)とは? 創業迄の背景 まずは暗号通貨TRON(TRX)のホワイトペーパーから、その開発迄の背景を見てみます。 ホワ …

Binance バイナンス

仮想通貨取引所 Binance(バイナンス)の美人CMO『何一』氏の経歴

 一下科技(YIXIA)の副総裁の何一氏は、一下科技(「秒拍」、「小咖秀」、「一直播」の運営会社)を退職して、ビットコイン関連企業Binance(バイナンス)に加盟して、CMO&共同創始者兼取締役に就 …

中国 AI 人工知能 ブロックチェーン

世界規模ヘッジファンドであるクォンタム・ファンドの首席研究員:姜罗罗博士『デジタルマネーは若者にとっての希望となる』

【要約】 ・クオンタムファンド研究員、温州大学副教授の姜罗罗がデジタルマネーについて書いた記事 ・デジタルマネーの出現もまた貧富の差を広げるだろうが、それはまた若者に経済的自由を手に入れるチャンスを与 …

Chaitech

中国Tech企業情報プラットフォーム