中国先端テクノロジー配信メディア

Blockchain

Huobi(フォビ)大学とは

投稿日:2018年11月25日 更新日:

Pocket

■Huobi(フォビ)大学の簡単な説明
■Huobi(フォビ)大学の学長紹介
■Huobi(フォビ)大学の講師陣
■Huobi(フォビ)大学のこれまでの取り組み・イベント
■Huobi(フォビ)大学のサービスの詳細説明
■Huobi(フォビ)大学のコースの狙いと背景
■Huobi(フォビ)大学のコースの構成
■Huobi(フォビ)大学の今後の展開

 

 

■Huobi(フォビ)大学の簡単な説明

 Huobi(フォビ)大学は、Huobi(フォビ) グローバル傘下でブロックチェーンで実体経済を推進する教育訓練機関として、重要な役割を果たしています。

 

 Huobi(フォビ)は、中国全体で社員数が1,000名を超えて、Huobi(フォビ)取引所、Huobi(フォビ)マイニングプール、Huobi(フォビ)ウォレット、Huobi(フォビ)エコシステム、研究支援およびパブリックブロックチェーンの6つの事業が展開され、Huobi(フォビ)マイニングプール、Huobi(フォビ)ウォレット、Huobi(フォビ)キャピタル、Huobi(フォビ)ラボ、エコシステムファンド、Huobi(フォビ)情報、Huobi(フォビ)パブリックチェーン、Huobi(フォビ)研究所、Huobi(フォビ)イノベーションラボなどが含まれています。

 

 Huobi(フォビ)大学はブロックチェーンなどの最先端技術の利用を促し、デジタル経済と実体経済との高度な統合を促進することを目的として、ブロックチェーン産業における人材育成に焦点を当て、様々な地域や産業における経済成長のための新しい原動力を育てることをサポートしています。

 

ブロックチェーンを構築し実体産業のエコシステムを強化することで、企業は実際にブロックチェーン時代にもたらされる成長のチャンスをつかむことができます。

 

Huobi(フォビ)大学は、920日中国長沙市で正式に開学式が行われて、元中国工業情報化部産業経済研究所所長の于佳寧博士が学長を務めています。主にオフライントレーニングによる教育事業を行っています。

 

Huobi(フォビ)大学の設立によって、Huobi(フォビ)中国のエコシステムの勢力図がさらに広げられ、中国ブロックチェーン業界におけるこの巨大なグループの野望がさらに垣間見えるようになってきました。

 

■Huobi(フォビ)大学の学長紹介

 Huobi(フォビ)大学学長の于佳寧氏は、中国人民大学経済学博士の出身で、中国通信産業ブロックチェーン委員会副主任委員、中国国際経済技術協力推進協会ブロックチェーン技術および応用委員会副事務局長、中国コンピュータ協会ブロックチェーン専門委員会委員、工業情報化部産業情報センター産業経済研究所所長、『2018年中国ブロックチェーン産業白書』編集長などを歴任してきました。

 

長年「ネットワークによる強国化」と「製造による強国化」に関する政策研究に携わり、インターネット2.0や工業団地などの分野で深い研究を行い『インターネット理論中国情報通信業界研究の心得』などの著作があります。

 

近年では「実体経済へのブロックチェーンの深い影響」、「ブロックチェーンは実体経済に活かすべき」「ブロックチェーンが中国経済成長と技術イノベーションの新しい原動力になっている」などブロックチェーン技術サービス関連記事を多数発表しています。

 

■Huobi(フォビ)大学の講師陣

 Huobi(フォビ)大学による「グローバル・ブロックチェーン・リーダーシップ・プログラム」は11月下旬から開講予定で、北京、海南、シリコンバレーなどで開催され、ブロックチェーン領域の世界トップレベルの講師が招聘されています。

 

講師陣には、スタンフォード大学の教授、中国科学アカデミー外国籍会員、北京大学、清華大学、人民大学、復旦大学、社会科学アカデミー、中欧ビジネススクール、長江ビジネススクールのほか、マグドナルドCIOの蔡棟氏など伝統産業領域のイノベーター層に迄及びます。

 

またHuobi(フォビ)創業者の李林氏、Huobi(フォビ)中国CEOの袁顔明氏、火星財経創始者の王峰氏などのよなブロックチェーン業界の実践者も含まれています。

 

もちろんHuobi(フォビ)大学学長の于佳寧博士も自ら講義します。今回のプログラムは、「ブロックチェーン+業界」での優れた事例を生み出すだけでなく、「ブロックチェーン2.0」時代の変革とアップデートの手本を創り出し、中国デジタル経済の成長を促進するためのノウハウを蓄積することも狙いです。

 

 現在以下を含む、数十名の国内外の専門家、学者、投資機関およびブロックチェーン企業の創設者の講師陣が公表されています。

 

■米国国立科学アカデミー会員,米国人文科学アカデミー会員兼中国科学アカデミー外国籍会員、スタンフォード大学終身教授 
 Don Tapscott氏

■『ブロックチェーン革命』著者
デジタル経済の生みの親
 Piero Scarruffi

■『シリコンバレー百年史』著者
シリコンバレー人工知能研究所創設者

Huobi(フォビ)グループ会長,Huobi(フォビ)グループ創設者兼CEO
 斯雪明氏

中国コンピュータ協会ブロックチェーン委員会主任,復旦大学教授
 楊東氏

中国人民大学法学部副学部長、教授。ビッグデータブロックチェーンおよび規制技術ラボ主任
 何一平氏

清華大学経済経営学院金融学部教授,清華大学経済経営学部中国金融,研究センター主任研究
 徐恪氏

 

■Huobi(フォビ)大学のこれまでの取り組み・イベント

 2018911日、武漢東湖ハイテクパークではブロックチェーン講習会を主催。Huobi(フォビ)大学学長の于佳寧氏は、「産業においてのブロックチェーン:新しい時代の実体経済転換へのエンジン」というテーマで講演しました。

 

2018923日、Huobi(フォビ)大学は長沙市で第1回「ブロックチェーンによる実体経済促進フォーラム」を開催しました。Huobi(フォビ)大学学長の于佳寧氏、 中国通信産業協会ブロックチェーン委員会副主任の馮国東氏、武漢大学コンピュータサイエンス学院経営工学・ソフトウェアエンジニアリング学部の蔡恒進教授、国防大学コンピュータサイエンス学院の付紹静教授など、70社以上の地元企業がイベントに参加しました。 このフォーラムでは、ブロックチェーンの転換プロセスにおける課題に注目し、ブロックチェーン技術に対する認知度を深めることを狙いとして開催されました。

 

 20181019日、Huobi(フォビ)大学香港分校と香港大学が共同主催のブロックチェーンセミナーが開催されました。Huobi(フォビ)大学学長の于佳寧氏、Huobi(フォビ)最高人事責任者の龐白雁氏はが招待されました。ブロックチェーン新経済論理および産業利用とブロックチェーン業界でのキャリアプランについて講演されました。

 

 20181028日、Huobi(フォビ)大学、ChainHR InternationalおよびHuobiラボ共同で、「ブロックチェーンによる実体経済促進」というテーマでオフライン・サロンを開催しました。 于佳寧学長などの講演者は、ミクロ技術変革、中規模でのビジネス変革、マクロ産業変革の3つのレベルから 「ブロックチェーン2.0」に引き起こされる変革について語りました。

 

 201811月末から、北京、海南およびシリコンバレーで、「グローバル・ブロックチェーン・リーダーシップ・プログラム」を開講する予定が公表されました。

 

■Huobi(フォビ)大学のサービスの詳細説明

 ブロックチェーン技術の普及が急務となっており、ビジネスリーダーがブロックチェーン時代にもたらされた新しいビジネスチャンスを掴もうとしているなかで、Huobi(フォビ)はこの需要に応えて、Huobi(フォビ)大学を創設しました。

 

Huobi(フォビ)大学はブロックチェーンによる実体経済促進にフォーカスしたグローバル教育機構で、ブロックチェーン産業の人材育成に注力し、「ブロックチェーンなど最先端技術の活用を推進し、デジタル経済と実体経済との高度な統合を推進する」ことを使命として、各地域・産業の経済成長のための新たな原動力の育成に積極的に取組み、教育エコシステムの構築と成長モデルの差別化にも貢献しています。

 

 Huobi(フォビ)大学は、ブロックチェーン技術、マーケティング、運営・管理人材のトレーニングと認定サービス、およびブロックチェーン知識の普及教育など、多様で多次元なコースを提供しています。また、ブロックチェーンの研究センター・ラボの設立、地域全体の産業計画およびリソースのマッチングやインキュベーターなどの起業スペースの構築と運営、地域産業成長の監視と報告などのサービスも提供しています。

 

 さらに、Huobi(フォビ)大学は、企業家と上級管理者や社内人材の育成、事業転換戦略コンサルティング、仕組構築コンサルティング、事業転換のリソースマッチングなどのサービスを提供し、企業力を高めるサービスを提供しています。

 

Huobi(フォビ)大学でのコース設定においてオープンコース、オンラインコース、研修旅行、プライベートレッスン、ブロックチェーンの一般コース、ブロックチェーンの産業促進コース、および ブロックチェーン時代の経営管理コースなど、さまざまな教育モデルを取り入れています。

 

 ブロックチェーンによる実体経済促進の推進役として、Huobi(フォビ)大学は人材教育、企業力促進、大学向けサービスを提供しています。

 

 Huobi(フォビ)大学はただコースを開設しているだけではなく、ブロックチェーン技術に対する要望に応えて、産業の成長と密に連携し、業界に展開し、実践を通じて、成長の道を探求しています。

 

Huobi(フォビ)大学の傘下には、「中国国内事業部と海外事業部」の2つの事業体、および「学術委員会とコンサルティング委員会」の2つのシンクタンクが設けられ、「グローバル・ブロックチェーン・エンパワーメント・センター」と「グローバルブロックチェーン開発研究センター、グローバルブロックチェーン人材育成センター」の3つのセンターが開設される予定であり、全世界で多くの分校、サブセンターなどの教育機関の開設も計画しています。

 

■Huobi(フォビ)大学のコースの狙いと背景

 Huobi(フォビ)大学は、第1弾として、201811月から20191月まで、グローバルブロックチェーンリーダーコースの展開を予定しています。 このコースは、中国語と英語の両方(通訳付き)で講義が行われて、ブロックチェーン産業のハイエンド人材を育成するために、リーディング企業やプロジェクト創始者、CEOなどの最高意思決定者のために設定されています。 北京、海南、シリコンバレーなどで講義されることになります。

 

 Huobi(フォビ)大学の第一歩は、多数の企業経営者向けに教育を実施し、ブロックチェーンを正しく理解してもらい、「ブロックチェーン2.0」時代への戦略転換を促進します。同時に大学全体に向けたサービスも展開します。 ブロックチェーンは、1つの企業だけでできることではなく、業界全体で変革を起こして、ブロックチェーン関連事業を着実に進める必要があると考えています。

 

 中国で受講するだけでなく、米国シリコンバレー、スタンフォード、バークレーなどのトップクラスの大学にも訪問し、名門大学の教授や起業家と一緒にブロックチェーン産業の将来について語り合う予定です。 また、トップ企業のブロックチェーン関連部門を訪問してグローバルなイノベーション取引を学び、米国の規制当局と世界の最前線での規制課題について情報交換する予定です。

 

 新しいビジネスリーダーだけでなく、ブロックチェーン技術者も非常に重要視されます、ブロックチェーン技術人材はトップレベルのチーフアーキテクトやCTOなどを含む多様な人材層が必要で、技術関連知識と経験だけでなく、 ビジネスモデル、コミュニティの仕組構築や産業エコシステムに高度な知識を持っていないと、技術、ビジネスモデルおよび金融などのイノベーションを統合することができません。

 

 技術のほかには真の優秀なブロックチェーン開発者やアーキテクトは、暗号化、分散型台帳、分散型ストレージ、パラレルコンピューティングなど、多くの分野での技術的な蓄積が必要とされています、より深い知識を持っていないと、 高度なブロックチェーン製品を開発出来ないからです。

 

ブロックチェーン金融領域と仮想通貨資産管理などの分野において人材不足が深刻です。 
この業界の人材不足という課題に対して、Huobi(フォビ)大学は独自のブロックチェーンテクノロジー認証システムを構築し、開発者のブロックチェーン知識の修得、および企業の効率的な人材募集を支援しています。

 

■Huobi(フォビ)大学のコースの構成

 

人材教育サービス

ブロックチェーン技術人材の教育と認証
ブロックチェーンマーケッティング人材の教育と認証
ブロックチェーン運営管理人材の教育と認証
ブロックチェーン知識普及型教育

 

キャンパス向けサービス

ブロックチェーン研究センター・ラボの構築
地域全体の産業企画とリソースのマッチィング
インキュベーターなどのクラウドファンディングの構築と運営
地域産業成長の監視と報告

 

企業向けサービス

企業家と高級管理者教育
企業内人材教育
業務展開戦略コンサルティング
組織構築コンサルティング
企業事業転換リソースマッティング

 

■Huobi(フォビ)大学の今後の展開

 Huobi(フォビ)大学は、ブロックチェーン産業の推進役となり、ブロックチェーン産業人材の育成に取り組み、ブロックチェーン技術によるイノベーションの加速と実体経済へのエンパワーメントをビジョンとしています。

 

人材育成によりグローバルに展開し、中国のブロックチェーン関連産業を促進していくこと目指しています。今後は韓国、日本、オーストラリア、シンガポール、香港にも分校を展開する予定です。

 

 工業情報化部情報センターが公表した「2018年中国ブロックチェーン産業白書」によれば、「ブロックチェーン2.0」は、中国ですでに金融、官庁、IoTなどの24の業界で広く展開されてきました。

生まれたばかりではあるがブロックチェーン技術は今後大きな成長が見込まれ、より多くの人材と企業が参画してくると予想されています。これはまさにHuobi(フォビ)中国がHuobi(フォビ)大学を開設した狙いであり、ブロックチェーン技術イノベーション推進と実体経済へのエンパワーメントを強く推進していきます。

 

 

Huobi(フォビ)プールとは

 

 

参照元:
https://www.huobi.cn/#/business/daxue
https://baike.baidu.com/item/%E7%81%AB%E5%B8%81%E7%BD%91/10422221?fr=aladdin
https://www.xsgou.com/biz/finance/131111.html
https://www.yaofache.com/news/c710f7f25a4d4e43a053b3ae29a34f87
http://shilian.com/m/view.php?aid=11997
http://news.yesky.com/itnews/223/1961659223.shtml
http://www.huoxing24.com/newsdetail/20181025185341257129
http://www.lianmenhu.com/blockchain-4504-1
http://tanpaifang.com/qukuailianpeixun/
http://www.lianmenhu.com/blockchain-6698-1

Pocket

-Blockchain

執筆者:

関連記事

tron trx

TRON(TRX)は次世代のアリババになりえるか。創業者ジャスティン(孙宇晨)は元リップル中華地区首席代表

創業迄の背景 アルゴリズム 今後の計画 時価総額 創業者Justin Sun(孙宇晨)とは? 創業迄の背景 まずは暗号通貨TRON(TRX)のホワイトペーパーから、その開発迄の背景を見てみます。 ホワ …

中国版イーサリアムと呼ばれるNEOについて

NEOは、中国語で”小蚁”(NEOの旧名Antsharesを連想させる中国語)とも呼ばれている、仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトの一つです。 NEOには、スマートコントラ …

柔軟性のあるDappsプラットフォームを開発するMultiVAC

MultiVACは、吕恒という人物が中心となって開発されている仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトです。 彼らは、高いスケーラビリティを実現したDappsプラットフォームを開発するために、シャーディ …

クロスシステムを掲げ信用をインデックスする次世代仮想通貨、ONTについて

ONT(Ontology)は、中国語で”本体”や”本体币”と呼ばれている仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトです。 このプロジェクトは、2017年末に …

信頼できるデータ取引エコシステムを構築するGXchain

GXChain(GXS)は、中国の杭州存信数据科技有限公司が中心となって展開している仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトです。 GXChainは、中国語で”公信链”と呼ばれて …

Chaitech

中国Tech企業情報プラットフォーム