中国先端テクノロジー配信メディア

Blockchain

MEITUがブロックチェーンホワイトペーパーを発表。ICO以外でブロックチェーンはどのように使用されるのか?

投稿日:

Pocket

中国 ブロックチェーン

1月22日、セルフィー加工アプリで中国を席巻するMEITUがブロックチェーン技術のホワイトペーパーを発表した。

発表されたブロックチェーン技術は”MEITUインテリジェントパスポート”と名付けれており、そのビジョンは、ユーザーのために非中央集権化され暗号化された、より安全な本人確認証を、デジタル世界のみならず実際の生活にも使用できるようにするというものである。

彼らは、そのビジョンは同時に、開放されたプラットフォームとプライバシーの保護を実現するとしている。

MEITU曰く、このブロックチェーンプラットフォームは、MEITUが長年蓄積してきた顔認証システムの技術とAIアルゴリズムを基礎として設計されており、ユーザーはそのブロックチェーンプラットフォーム上で、自分に紐付けられたパスポートとして、MEITUインテリジェントパスポートを作成することが出来る。

そのMEITUインテリジェントパスポートは、ユーザーの顔認証がパスワードの代わりとなり、また、非中央集権化された本人確認(KYC)としても使用できる。

これによりユーザーは、顔認証システムを使用して様々なブロックチェーン技術をリンクすることが可能となり、また同時にそれは、デジタル世界と現実世界を身分証明証を通して繋ぐことを可能とする。

 

彼ら曰く、ブロックチェーンプラットフォーム上のデータは全てユーザー自身の物であり、如何なるプラットフォームや第三者にも帰属しないとしている。

また、暗号化技術によってユーザーのプライバシーが保証される前提のもと、第三者は差分プライバシー (Differential privacy) 技術を使用すれば、ユーザー自身に紐付くデータにはアクセスせずに、データマイニング、ビックデータ分析、AIアルゴリズムの開発を可能とし、それは同時にユーザーのプライバシーを守りつつ、第三者がより優れたプロダクトやサービスを作ることを可能とする。

この発表の前、MEITUがブロックチェーン技術関連に進出するという噂が駆け巡り、MEITUの株価は一時11%以上値上がりした。

1月15日、MEITUは36kr.comにこう回答している。
「我々は既に多くの時間ブロックチェーン技術に対して研究を行ってきた。そして、現在最も適切なブロックチェーン領域への進出手段を探っている。現状はっきりしているのは、それはICOでは無いということだ。」

中国では、中央銀行が2017年9月4日ICOは未認証の非合法融資であるとして以来、監督省庁からのメッセージや仮想通貨を取り巻く環境は厳しくなっている。

16日夜、深セン証券取引所は、ブロックチェーンを謳った風説の流布の監視監督を強化すると発表している。

深セン証券取引所曰く、ブロックチェーン技術は未だ開発段階であり、安定した業務とはなっておらず、風説の流布が行われる兆しが現れているとしている。

 

翻訳元:https://36kr.com/p/5115383.html

Pocket

-Blockchain

執筆者:

関連記事

ブロックチェーン技術によって保険業界に革命を起こすShinechain

目次 ■サービスの簡単な説明 ■定量説明 ■創業者の紹介 ■サービスの説明 ■今後の展開 サービスの簡単な説明 ShineChainAPP(闪链互助)は、闪链(北京)信息科技有限公司とShineCha …

tron trx

TRON(TRX)は次世代のアリババになりえるか。創業者ジャスティン(孙宇晨)は元リップル中華地区首席代表

創業迄の背景 アルゴリズム 今後の計画 時価総額 創業者Justin Sun(孙宇晨)とは? 創業迄の背景 まずは暗号通貨TRON(TRX)のホワイトペーパーから、その開発迄の背景を見てみます。 ホワ …

中国 ブロックチェーン

MEITUがブロックチェーン領域へ進軍する。彼らは何を行なうのか?

かねてからブロックチェーン技術に注目してきたとされるMEITUは、ついにその領域へ正面から侵入した。 MEITUのブロックチェーンホワイトペーパーから、彼らがブロックチェーンプラットフォーム上に身分証 …

huobipro

huobipro取引所とは

huobiは中国に位置する仮想通貨取引所です。 古くから存在する仮想通貨取引所の一つであり、最近は独自トークンの発行も始めています。 今回はそのhuobiproについて、そしてhuobiproのアカウ …

Binance バイナンス

Binance(バイナンス)はデジタル資産業界の「ニューヨーク証券取引所」を目指す

Binance(バイナンス)は、中国系の仮想通貨取引所で、2017年7月に設立された新しい会社であるが、会員数と取引高が急速に成長しており、2017年12月の時点でわずかの5ヶ月で取引高世界一位となっ …

Chaitech

中国Tech企業情報プラットフォーム