中国先端テクノロジー配信メディア

Blockchain

Huobi(フォビ)CEO李林:ブロックチェーンがエンパワーメントする対象は4つのレイヤーがある。

投稿日:2018年11月15日 更新日:

Pocket

112日、清華x-labは第二期のブロックチャーンに関するオープン授業を開き、
Huobi(フォビ)のCEO 李林をスピーカーとして招待した。

 

 

李林は《実体経済にエンパワーメントするブロックチェーンの方法と展望》
というテーマのスピーチをし、その場の学生の熱烈な歓迎を受けた。

 

 

 

李林は、ブロックチェーンは実体経済にエンパワーメントするのは
四つのレイヤーに分かれていると考えている。

 

第一レイヤーは分散型台帳である。
第二レイヤーは価値伝達ネットワークである。
第三レイヤーはトークンインセンティブシステムである。
第四レイヤーは資産のデジタル化である。

 

第一レイヤー;分散型台帳

これまでの記帳方式は全てどこかの機構を通じて行われた。
例えば銀行や証券会社などだ。

 

ビットコインのシステムは大勢の人々によるコンセンサスメカニズムを形成させ、
分散型で記帳するというイノベーションを生み出した。
この素晴らしい点は全体のネットワークで記帳することで、
少数のノードも変えることが出来ず改ざんを防止し、
信用を一つか二つのノードに依存しないのである。

 

分散型台帳の応用シーンは非常に多い。

 

例えば、最近深センは電子請求書を作成しており、
それぞれの税務局が管理することなく、偽の請求書発行を防止することができる。

 

 

それから投票選挙の場合、ブロックチェーンの選挙であれば票を改竄することができないし、
全ての人に一票だけの投票権を持たせられ、投票完了後結果が直ぐ出て来て、
しかも第三者のチェックが必要がない。

 

 

海運業もそうである。いくつかの海運会社はお互いに信用しない為、
今はブロックチェーンでパブリックな台帳を作り、つまり連合のチェーンであり、
これに使う時間は元々の60日から2週間まで短縮できるのである。

 

 

 

分散型台帳の最大の挑戦は法律の領域である。

 

もし最高裁判所の解釈がなく、もし債権関係の情報をブロックチェーンに登記することを
裁判所が認めなければ、実用化する意義はないのである。
それからチェーンの現実世界の問題、どうすればブロックチェーンへアクセスするプロセスの中で
不正を防止することが出来るのか引き続き改善をしていく必要がある。

 

 

第二レイヤー:価値伝達ネットワーク

価値伝達ネットワークとしてはブロックチェーンを通じて信用出来る技術を構築することで、
ポイントツーポイントの価値伝達ネットワークを構築した。

 

価値伝達ネットワークは非常に多くの機能があり、例えばRipple
あれはブロックチェーンネットワークを通じて決算し、それから支払い、自由決算、
クロスボーダーでの決算などを行う。

 

ブロックチェーンの価値伝達ネットワークの重要な利点はトレーサビリティである。
たとえば、ビットコインが出て来たばかりの頃、匿名で出来ると思った人々による
グレーなトランザクションが多くあったのだが、
何年か過ぎてからはビットコインは使われなくなった。

なぜならトレーサビリティができるからである。

 

それによって、FBIは多くの国際犯罪グループを摘発した。
だから、中央銀行がデジタル通貨を発行すれば、正確な方針を示すことが出来る。
例えば1兆人民幣を調達したとすると、どこに置くかを定め、
トレーサビリティと追跡をすることができるのだ。

 

ブロックチェーンの価値伝達ネットワークは後発により優位性をもたらす可能性がある。

例えば、中国の現在のAlipayWeChatなどのオンライン決済がアメリカよりも発展出来たのは、
クレジットカードが幅広く普及することなく、直接にオンライン決済の時代に
入っていったからである。

故に理論的には、アフリカ諸国等の、「一带一路」の国々はブロックチェーンの
インフラを作ることができており、多くの銀行が普及すること飛び越えて、
一気に先進国を抜き去ることが出来るのである。

 

第三レイヤー:トークンインセンティブシステム

トークンインセンティブシステムは即ちブロックチェーンのオープン性と透明性を用いて、
トークンインセンティブシステムをアレンジして、 ビジネスオペレーションと発展を促進する。
それは生産の関係性を変えたとさえ思わさせる人も出てくるだろう。

 

古くからの大手も含む大勢のインターネット企業は、皆ポイント制度をもっている。

しかしインターネットポイントにはいくつかの問題がある。
第一に不透明であり、どれだけのポイントを発行したかが分からず信用性が欠けている。
第二には流通と取引ができない。

 

トークンインセンティブシステムの重要な点は合理的なトークン設計を通じて、
各種の関連リソースを動員し、ユーザー、スタッフ、サプライヤーのいずれであろうと、
ビジネスに対してバリューさえがあれば、皆がトークン設計を通じてインセンティブされ、
共にコミュニティの発展を推し進めることができるのである。

 

第四レイヤー、資産証券化(デジタル化)

資産証券化は多くの利点があり、大体二種類に分けられる。

第一は証券のトークン化。アメリカでは、ビットコインとブロックチェーンは
一つの技術だと見做される。いったん証券として認定されると、
それは株式を発行すると同じであり、SEC(米国証券取引委員会)に報告の上で
審査を申請しなければならない。

 

第二はトークンの証券化。金と不動産同様に、取引所で取引ができる。
音楽等のような無形資産も含まれる。多くの有名ミュージシャンがこの領域をトライしている。
ブロックチェーンの上に著作権を置いてファンに購入させる。

 

30年前にアメリカ起源のインターネット技術は世界をインターネット時代に持ち込み、
現在のアメリカはブロックチェーンと金融システムが先進的であり、
今は欧米などの先進国も積極的に同調している。
これは一つの偉大なイノベーションであり、李林は我々は細心の関心を持つべきであると話した。

 

参照:http://www.donews.com/news/detail/4/3025758

Pocket

-Blockchain

執筆者:

関連記事

クロスシステムを掲げ信用をインデックスする次世代仮想通貨、ONTについて

ONT(Ontology)は、中国語で”本体”や”本体币”と呼ばれている仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトです。 このプロジェクトは、2017年末に …

既存のインターネットやOSシステムと融合する仮想通貨Elastoとは

ELA(Elastos)は、中国のエンジニアである陈榕と中国のビットコイン研究者・論客である韩锋という2人の人物が中心となって展開されている仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトです。 中国では、El …

ネットイース(スマホゲーム荒野行動・陰陽師の開発親会社)が行うブロックチェーンの試み

普段ゲームをしない方でも、”荒野行動”というゲームの名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。 荒野行動は、中国のIT企業ネットイース(网易:NetEase)傘下の会社が開発 …

非中央集権思想を強く打ち出すウォレットサービスimToken

目次 ■サービスの簡単な説明 ■定量説明 ■創業者の紹介 ■サービスの説明 ■今後の展開 サービスの簡単な説明 imTokenは、仮想通貨のウォレット機能や‎分散型取引所(DEX)機能、Dappsブラ …

Binance バイナンス

デジタル資産取引プラットフォーム「Binance(バイナンス)」が1千万ドルのエンジェルラウンド融資を受けた

今日、ブロックチェーン会社のBinance(バイナンス)が泛城資本(ファンシティ・キャピタル)と黒洞資本(ブラックホール・キャピタル)から1千万ドルのエンジェル融資を受けたことが確認された。泛城資本は …

Chaitech

中国Tech企業情報プラットフォーム